みなさん!知ってますCAR?

2021年6 月15日 (火曜日)

TOP NEWS

えっ!? SONYが自動車メーカーを目指していた!

SONNY VISION-S  憶えているだろうか? 昨年1月にラスベガスで行われたCES2020での大注目はSONYのVISION-Sという名の近未来コンセプトカー。アメリカの家電のイベントにもともと家電メーカーのSONYが自動車を展示した事件。
  たしかに事件と表現するほどの衝撃だった。まさかSONY自体が本気で自動車メーカーの一角に食い込もうとは思っていなかったからだ。「戯れに自動車近未来の新技術を発表して、願わくば部品のサプライヤーとして新分野を築き大儲けしたい」そんな思惑だと思っていたら、とんでもない。
  本気も本気、心底はSONYはSONYブランドのクルマづくりに勝負をかけていることが、今年のリモートでおこなわれたCES2021でわかったのだ。大きなココロザシを掲げていたのだ。
  クルマづくりは部品点数3万といわれるだけに、広い裾野産業をある程度支配下に置く必要があった。ところが、EVになると、エンジンがなくなり(エンジンだけで約1万点)、トランスミッションも不要となるので、ざっくり言えば部品点数3割減で、シャシーとボディメーカーと組めばできる感じとなった。テスラモーターの短期間での成功を見れば、それが納得できる。
  SONYは、レベル4の自立走行EV「VISION-S」をペットロボット・アイボとエアスピークと呼ばれるドローン、この3つを“インテリジェント・エッジ・コンピューティング商品”ととらえている。3つとも自律的に動く電脳制御商品だ。
  コンセプトカーVISION-Sは、安全、エンタメ、それにアダプタビリティ(コネクティド、クラウドをふくむ概念だそうだ)。この3つを柱として、2018年春に欧州のシャシーメーカーにシャシーを作ってもらい、ボッシュ、コンチネンタル、ZF,バレオ、ボ―ダフォン、レカロなどの欧州系部品メーカーと組んで造り上げたという。昨年末には複数台試作車を製作し、欧州だけでなく、日本でも公道試験を展開しつつあるという。そして日本の部品サプライヤーとのビジネスを広げるという。
  自動運転レベル4を担保するのは、18カ所に取り付けられたレーダーやカメラだという。そのなかで、ご自慢のソニー製「CMOSイメージセンサー」は、従来のサプライヤーが不得意とされてきた暗所での認識能力、トンネルの出入り口での障害物の明確な認識能力を持ち、安全性ではおおいに自信を抱いている感じ。それにSONY大得意なエンタメを車内に持ち込むことで、クルマ自体を「走るエンタメ・モビリティ」という新機軸でクルマの歴史を大きく変革させようとしている。リモートでの取材ではあったが、そんな意気込みがビシビシ伝わってきた。

カーライフ大助かり知恵袋1

遅れてきたお雇い外国人 ウイリアム・ゴーハム伝(第12回)

リラ―号  ゴルハム式自動3輪車の価格は、1300円。大卒の給料が40円の時代。いまの大卒初任給が20万円だとすると、いまの値段で約650万円。人力車の動力版としては高価だった。とても庶民には手がとどかない。
  ちなみにT型フォードは約2000円で、シボレーはそれより高く2400円ほどだった。
  しかも、3輪車ということで少し無理なコーナリングをおこなうとすぐ転倒してしまう。このことを知らず4輪車のような運転をするドライバーが多かったことから事故が少なくなかった。価格が高すぎるというだけではなく、3輪車特有の癖が十分行き渡っていなかったこともあり、売れ行きは思ったほど芳しくはなかった。そこで、てこ入れとして大正12年に4輪車に変更した「ゴルハム4輪車」を作った。基本設計はほぼ同じだ。
  だが、あにはからんや、こちらも売れ行きは芳しくなかった。いまから見ると十分に市場調査することなく、ただ思い付き先行の、中途半端な性能のクルマだったからだ。
  けっきょく3輪と4輪合わせ合計250台程度で終了してしまった。
  その後、こうした反省のうえで本格的な4輪車を企画した。それが大正12年に完成した「リラ―号」(写真)である。
  リラ―とは花のライラックの意味で、藤色のボディカラーだった。4人乗りで、V型2気筒1260㏄ 8.4馬力、最高速56㎞/h。箱型、幌タイプ、ロードスター、トラックタイプなど車種も豊富にそろえた。デフを備えた本格的乗用車だった。価格は箱型で2000円。このクルマは、ゴーハムから薫陶を受け、のち日産でも活躍した後藤敬義らが中心に開発したものだ。クルマは200台ほど生産されはしたが、採算の合う商品までにはならず、やがて生産中止となった。実は、リラ―号の発売の2年ほど前に、ゴーハムは、販売不振を理由に責任を取り「実用自動車」を去っていた。

カーライフ大助かり知恵袋2

ぼくの本棚:篠田節子『田舎のポルシェ』(文藝春秋社)

田舎のポルシェ  独断と偏見というバイアスがあるかもしれないが、クルマやバイクが登場する小説や映画の作品で、人さまに勧められるメイド・イン・ジャパン製の作品は片手の指で数えるほどしかない。ひそかにそう思っている。
  たぶんそれは、クルマやバイクがその物語にがっちり食い込んでいる小説や映画は、作り手としてはつくりづらいのかもしれない。主人公の心理描写にクルマやバイクが投影しづらいからかもしれない。日本人の生活に、クルマやバイクがそれほど深く浸透していないからなのか?「日本人にはまだ車やバイクを生活のなかで語れるほどの物語を紡ぎ切れていないのでは?」ともいえなくもない。
  この小説は、少し褒めすぎかもしれないが、そんなぼくの先入観を見事に打ち破ってくれた。
  登場するのは、お世辞にもカッコよくはないくたびれた軽トラックだ。でも、エンジンの鼓動と主人公の鼓動が響き合うかに思えるほどの、よくできた小説なのである。
  物語の始まりは、岐阜の図書館で地味に働く中年に手が届きそうな未婚の女性・翠(みどり)、その彼女が八王子の実家に向かうところから。実家で収穫されたお米360㎏を取りに行くため、バツイチで強面(こわもて)ヤンキーがハンドルを握るオンボロ・軽トラックの運転で、向かうのである。それも台風が北上するなかでだ。
  「訳あり女と男・オンボロトラック・嵐の前の静けさ」という3つ。
  いわゆる物語のおぜん立ては、これで揃っている。筆者の篠田節子(しのだ・せつこ)は当年65歳で、名うてのホラー小説家。それだけに、ストーリ-展開に長(た)けているので、読者をグイグイ物語世界へと引きずり込み、途中で投げ出すなんて気持ちなど起こさせない! 意味深なタイトル『田舎のポルシェ』は、軽トラックが、ポルシェと同じリアエンジンのリア車輪駆動方式だということもあるが、ホンモノの真っ赤なポルシェを物語に登場させ、タイトルの面目を保っている!
  「行きは空車で乗り心地がいまひとつだったが、帰りは荷物をしっかり積んでいるので、乗り心地がいくらかましになる」なんて、カー雑誌顔負けの軽トラックの特性をしっかり描写。クルマ通にも納得の表現があちこちに散見。できの悪い息子を見る母親のようにヒヤヒヤしないで、読了までこぎつける。
  ところで、主人公が旅をしていく、その先々で起きる出来事を描く小説のことを「ロードノベル」なんて呼ぶそうだが、この小説もわずか1日2日の出来事を丹念に描くことで、人生の深いところも味わえるようになっている。
  実は、この単行本110ページほどの小説、縦糸はロードノベルなのだが、横糸があることで、物語をググっと深めている。横糸とは、意外や意外、長いあいだ日本人の主食とされてきたコメ問題だ。
  ふだん米(コメ)といえばコンビニのおにぎりしか思い浮かばないのだが、手作りの無骨な塩おにぎりも登場するし、嵐のなかの避難先で食したおにぎりの味が、よだれが出るほどにリアルに迫ってくる。思わずコンビニのおにぎりを頬ばる読者もいるかも。まじめな話、そのおにぎりを通して日本の農家の現状を透けてみせてくれるのだ。
  エンタメ小説でありながら、想像もできなかった日本のコメ問題という新しい発見ができる小説。さながら主人公と一緒に旅をした気分となった。読後の余韻に浸ってふと気付いたけど、コメも軽トラックも、日本人を語るうえでの最重要キーワードだよね。この2つを選択して物語を紡いだ筆者の慧眼に脱帽しちゃいました。
  (表題の「田舎のポルシェ」のほか「ボルボ」など計3篇収録。税込み1760円)

愛車メンテのプラスアルファ情報

マグネタイザー」は意外と便利。 使うべし!

マグネタイザー  マグネタイザーという商品をご存じだろうか?
  工具の先端部をあっという間に、磁力を帯びさせる小道具である。写真にあるように手のひらサイズの製品である。プラス側の穴に工具の先端を差し込む。説明書には数回とあるが、1回2回の往復で、先端部に磁力を帯び、取り付けようとするビスが工具の先端からポロリと落下するなんて厄介な事態を避けることができる。とても便利だ。
  逆に、磁力を消すこともできる。
  マイナス側の穴に、工具の先端部を差し込目が、あら不思議さっきまでの磁力がなくなり、あっけなく普通の状態となる。
  これって、何度やっても、同じように効果が現れる。ただ、期待するほどの強力な磁力ではない。写真のヘキサゴンレンチはサイズ6㎜だが、相手のM8ボルトになるとやや重いので、かろうじてくっついている感じ。M5とかM6ボルトならもっと安心してくっついてくれる感じである。簡単にマグネット式のドライバーやヘキサゴンレンチに変えられるところがミソだ。
  磁力を得ることを「着磁」とか「帯磁」といい、逆に磁力をなくすことを「消磁」とか「脱磁」というそうだ。
  原理は、小学校の理科の時間にやった実験と同じだ。つまり磁石にくぎをこすりつけると、釘自体にも磁力を帯び、まわりの安全ピンなどをくっつけた経験があると思う。あれと全く同じだ。難しい理屈は、理科の教科書にまかせるとして、わずか数百円で手に入る。写真の製品は、品番SMT01B。台湾製で藤原産業株式会社〈℡0794-86-8200〉扱い。ホームセンターで690円+税だった。
  長さ50㎜×幅20㎜×奥行き12㎜と極めてコンパクト。工具箱に入れておいて邪魔にならない。お勧めだ。


▲ページの先頭に戻る

Copyright © 2006-2010 showa-metal .co.,Ltd All Rights Reserved.