みなさん!知ってますCAR?

2019年3 月15日 (金曜日)

エーモンの「ショート防止2WAYレンチ」に感激!

エーモンのショート防止ⅡWAYfレンチ  バッテリーのターミナルを取り外す際、誰しもがショートさせないように心がけるものだ。でも、とくに初心者の頃や手暗がりの状態で、うっかりショートさせ、怖い思いをした経験があるハズ。だから、事前に手持ちの10ミリスパナの金属部にビニールテープを巻いている、そんなナーバスなサンデーメカニックもいるかもしれない。
  このあたりのユーザーの不安を見事に解消してくれるのが、この「ショート防止2WAYレンチ」である。レンチの回りを赤色の樹脂で覆いつくしているだけ、といえばそれまでだが、いままでこんなレンチがなかった!! 思わず拍手を送りたい。
  2WAYと呼んでいるが、どこが2WAYかというとスパナ部の逆側に「バッテリーキャップを開けるための先端部が付いている!」のである。これまでは、10円玉を流用していたところだが、専用ツールがあれば、カッコいい。全長118ミリ、重量35グラム。購入価格598円。
  ちなみに、小さな穴が付いているのは、紛失を防ぐストラップなどを取り付けられる親切設計らしい。台湾製ではあるが、兵庫県にある自動車用品と工具の老舗・エーモン工業㈱の製品である。

2019年3 月 1日 (金曜日)

T型ビットハンドルの利便性は?

T型ビットハンドル1

T型ビットハンドル2

  6角の対辺が1/4インチ(6.35㎜)のビットは、ドライバーの世界やソケットツールの世界など、いわゆるハンドツールの領域で、いつの間にかずいぶんポピュラーになった。
  つまり、身の回りのクルマやバイク、自転車を自分でいじろうという人なら、たいていは6角ビットの1セットか2セットはツールボックスに入っているといえる。ビットのすごいところは、プラス、マイナス、ヘキサゴン、トルクス、いじり止めトルクスなどバリエーション広い先端工具を、低コストでラインアップできることだ。
  今回ホームセンタで見つけてきたSK11の「T型ビットハンドルSTBW635」はまさに、こうした工具の新しいトレンドをとらえた新顔だ。
  手にしっとり馴染む、やや大ぶり感のあるオレンジ色の樹脂グリップのTレンチ。Tレンチを愛用している人には釈迦に説法だが、実にトルクが大きく伝えられ、気持ちよく使える。
  短軸側の一端にビットが取り付けられる穴を設け、長軸側には落下防止用のスリーブタイプで奢った構造。着脱はスリーブを手前に引くことでおこなう。ビットの長さは最短の25㎜タイプ以上なら使えるのもいい。ビットの脱着作業のフィーリングも実にスムーズである。ただ、油が着いた手ではもどかしくなるね。
  台湾製だが、質感も悪くない。全長190㎜、最大幅112㎜、重量127g。購入価格1274円。藤原産業(株)扱いだ。

2019年2 月15日 (金曜日)

1本で4つのサイズのプラス・ネジに対応するドライバー

プラドラ名人  “ネジ回し”の異名を持つドライバーは、世の中にどのくらいあるのだろうか?
  相手のネジにもいろいろあるが、多数派はやはりプラス・ネジである。ネジの頭にクロスを刻んだタイプ。このプラス・ネジを緩めたり締めたりするプラスドライバーは、1番、2番、3番とある。数字が大きくなるにしたがってドライバーの先端も大きくなる。その下にも0番、さらにその下に00番のプラスがスタンバイしている。0番以下は「精密ドライバー」と呼ばれる。もっぱらよく使うのは2番のプラスである。
  今回取り上げるのは、いわばプラスドライバーのチャンピオンである。
  チャンピオンといってもいろいろあるが、この場合は、4つのプラスのネジの頭に対応できるチャンピオンである。“マルチサイズのプラスドライバー!”ともいえるが、商品名は『プラドラ名人』。蛇足だが、フルネームの「プラスドライバー名人」を縮めている。
  柄と軸が分離できる差し替え式で、早い話6角断面のビットの両端にドライバー先端部を設けた両頭ビット。片方の先端部で1番、2番、3番のプラス・ネジに対応し、反対側には0番のプラス・ネジに対応する。通常のドライバーより短めでコンパクト。重量も76gと軽い。もちろん貫通タイプではない。
  プロには、いっけんバカにされそうな工具だが、使うと「なぜ、こんな便利なドライバーが今までなかったのか!」とつぶやきたくなる。購入価格は698円だった。

2019年2 月 1日 (金曜日)

TOPの「超薄スパナ」の実力

超ウス1 

超ウス2 

  スパナは、回すべき相手のボルトやナットの6角部に対して、2つのポイントでしかグリップしない。そのため、少なくとも6つのポイントで相手をとらえるメガネレンチに比べ圧倒的に不利。だから、6角部をなめるというトラブルを避ける意味で、スパナの出番がどうしても少なくなる訳である!
  でも、メガネレンチにも大きな欠点がある。
  メガネレンチは上からかぶせないと使えないのだ。スパナのように、横からするりと相手のボルトやナットに潜り込めない。つまり、スパナの生きる道は依然として残されているのである。具体的には、キャスターのナットを締めるとか緩めるとき、ディスクサンダーのアタッチメントを交換するとき、スパナでないと用を足さない。
  モンキー1丁あれば大丈夫? そんな声が聞こえてきそうだ。
  それも甘い。モンキーレンチは、アジャスタブル・レンチと英語でいうのだが、その名称ほどにはアジャスタブルでもなければ、万能ではない。アゴ幅がデカいから、使えないことが多すぎるのだ。やはり、そうなるとスパナでないとだめだ! という作業領域がある。しかも、できるだけ肉薄のスパナが要求される個所もある。キャスターのナットを緩めるときなどその典型。
  ホームセンターで探し当てたTOPの「超薄スパナ」(略して“超ウス”)は、手持ちの同じサイズの両口スパナの肉厚が5.4㎜に対してなんと3㎜しかない。比較的薄いタイプの手持ちでも4㎜なので、25%も薄いことになる。全長はサイズ10-12㎜で、130㎜前後でほぼみな同じ。アゴ幅も25~27㎜とさほどの開きはない。
  ちなみに、重量は薄い分だけに、30~40%も軽く、サイズ10-12ミリの両口スパナでわずか28g(実測値)しかない。ならば、価格が高いのかといえば、意外とそれが良心的。日本製、しかも老舗TOP(新潟の三条市)の製品だ。サイズのバリエーションは、8-9㎜、11-13㎜、14-17㎜、19-21㎜と豊富だ。10-12㎜の購入価格は219円だった。日本製にしては安い。

2019年1 月15日 (火曜日)

181ピース入った1万円余りの格安工具セット(第3回)

格安工具(レンチ)  アメリカの工具ブランドDEWALT(デウォルト)は、181ピース(工具セットの組数をピースと表現する)も入って1万2000円弱。バカ安の背景は、化粧ケースに明記している通り、中国製だからである。低いレーバーコストで、量産すれば、とんでもなく安い価格で売ることができる。そんな見本商品である。メイド・イン・ジャパンには到底真似できない。
  困ったことに(エンドユーザーは当面は困らず大喜び!?)、これはなかなかの品質なのだ。今回は、前回のラチェットハンドルに引き続き、コンビネーションレンチにスポットを当ててじっくり観察してみることにする。
  まず、写真を見てもらいたい。メトリック(ミリサイズのこと)の6本をずらりと並べてみた。これとは別にインチサイズも6本あるのだ。
  黒光り(ブラッククロム・ポリッシュと誇る!)するせいもあるが、見た目はなかなかイケている風情。ロングタイプで、スマートに見える。サイズ表示も表裏、滞りなく表示されている。ところが、よく見ると、メガネ部の内面両端に塗り残し部分がある。塗装のプロセスで、クリスマスツリーのように、フックに複数本ぶら下げ、塗装する。このとき、フックのところがどうしても塗り残る。ここをいかに誤魔化すかが実はポイントなのだ。日本のモノづくり世界では、これは初歩の初歩。こんなところに中国製が顔を出している。微笑ましい? それとも腹が立つ? 機能的にはさほど差がないとみるか?
  試しに12ミリを一本ピックアップして「身体検査」をしてみた。重量を測定し、全長、各部の肉厚、幅などをノギスで測定するというものだ。重さ80g、全長195㎜…‥。これまで23銘柄を測定していたので、これらのデータと照らし合わせると、「長いタイプに入るが、やや重い。スパナ部とメガネ部の肉厚は、やや大ぶり気味」。総評すると、“可もなく不可もなく”という感じである。

2019年1 月 1日 (火曜日)

181ピース入った1万円余りの格安工具セット

1万円工具セット  前回の格安工具セットの2回目のリポートである。
まず、悪口からお伝えすると、一抱えもあるデカい樹脂製の工具ケースは立派。いっけん機能的にできているように見える。暗がりでは見えづらいが、明るいところであれば、ケースに表示しているサイズ表示もまずまず読める。
  問題は、肝心のケースから必要な工具を取り出すときだ。指でほじくり出そうとしても、うんともすんとも言わない。動かない! 細身のマイナスドライバーを隙間に入れて“てこの原理”で起き上がらせるしかない。まさに、その都度ほじくり出すわけなので、気持ちがなえる人もいるかも。
  ラチェットハンドルはどうか?
  結論から言えば、これがなかなかイイのである。ラチェットフィール、切り換えレバーの操作性など悪い部類ではない。ギア数は72ギアなので、振り角度5度である。ヘッド部分が文字もなく模様もなく、実にのっぺらぼうであるのが、やや不気味だが、「ブラック・クローム・ポリッシュ」と呼ぶ仕上げは他にはない味を出している。差し込み角1/2インチと3/8インチのラチェットハンドルは無垢ということもあり、重い。例えば3/8インチで305g。これまで扱ってきた10数種の中で最重量である。でも、1/4インチは、124gあるが、実感としては、さほど重さを感じさせない。
  ソケットの脱着性は、やや問題だ。油が付いた手で取り外そうとすると、やっかい。ここでも細身のマイナスドライバーの厄介になることになる。でも、価格の1万円アルファのことを思えば、あまり文句は言えないかも。
  ソケットそのものには、レーザープリントでサイズ表示がしていて、この面では満点。
  次回はレンチ類の使い勝手などをリポートしたい。

2018年12 月15日 (土曜日)

コストコにて1万円余りでゲット! 181ピース入った工具セット

1万円ちょいのルールセット  「貧乏人の銭(ぜに)失い!」
  子供の頃さんざん聞かされた、そんな格言がふと頭に浮かんだが、面白そうなので買ってしまった。なにしろ181ピースの工具、それもすべてブラッククローム仕上げ! ときている。樹脂ケースにぎっしりと入った工具セットなのである。それがラチェットハンドル1本分の価格で手に入る。
  49×38×10cmのビジネスバッグの大きさで、重量が10.3㎏もある。コストコの特価で1万1780円(税込み:ちなみにアマゾンではジャスト2万円です)。コストコ特価で計算すると、1ピース当たりなんと65円! 
  内容は、ソケットレンチのシリーズが差し込み角1/4インチ、3/8インチ、1/2インチが、それぞれmm(メトリックといいます!)とインチのフルサイズ。たとえば、使用頻度の高い3/8だと、6ミリから18ミリのスタンダードソケット計13個のほかに10ミリから18ミリのディープソケット8個、1/4インチから13/16インチのスタンダードソケット10個にスパークプラグソケット2種類、ユニバーサルジョイント1個などなど。これだけ見てもサイズが多すぎて目が回る。このほか、コンビネーションレンチが10ミリから17ミリ、5/16インチから5/8インチまで各6丁ずつの計12丁。それにミリとインチのヘックスビットが40個以上。
  とにかく、この工具セット、ドライバー類は手薄だが、自動車やバイクの整備の世界でおよそ6~7割はカバーできる勢い。でも工具は、その中身というか、使いやすさ、性能、愛着度数などが大切。次回から数回アイテムごとにリポートしてみたい。

2018年12 月 1日 (土曜日)

大阪生まれ! ネジが落ちないドライバー

パーフェクトⅡ-1

パーフェクトⅡ-2

  “軸のところにスライド式のコンパクトなマグネットを取り付け、ネジを迂闊に落下させない!” そんなドライバーをホームセンターで見つけてきた。
  いかにも大阪人が思いつきそうな「こざかしい」感じのするドライバーであるが、使ってみると、案外便利。締めたり、緩めようとした小ねじが、ついうっかりドライバーの先端から外れ落下して慌てふためいたことが二度や三度ではないからだ。とくにエンジンルームなど手が入りづらいところに落下した場合は、難儀する。
  このマグネット、説明書には重量が5.5gと「超軽量」で、3500ガウスを誇る強力マグネットだという。ガウスとはもともとがドイツの数学者ガウスから来たようで、1ガウスは、1平方センチの面積を通る磁束密度のことだそうで、3500ガウスがどのくらいかは、実感できないものの、使ってみると、剥がれづらいほど強くはなく、いい感じである。
  このマグネット部は、取り外しができるので、丸軸であれば、手持ちのドライバーに付け替えが利く。購入したのは2番のプラスだが、全長180ミリで、重量93gとやや短めで軽い。価格は918円だった。製品名「パーフェクトⅡ 3300」。発売元は、サンフラッグのブランド名でおなじみの大阪にある老舗工具メーカー㈱新亀製作所(http://sunflag.co.jp/)である。

2018年11 月15日 (木曜日)

12個のビットがグリップ内部に収まる精密ドライバー!

精密ドライバー1

精密ドライバー2

  精密ドライバーと聞くと、クルマやバイクの整備で、まず使うことがない。でも、メガネ、カメラ、時計、電子機器などを補修するとき、必要になるのが精密ドライバーである。
  通常は、単能工具(0番のプラスならゼロ番だけという!)で、横一列に6本入りというタイプがある。グリップエンドが空転するタイプをよく見かけるし、筆者もこれを愛用している。
  ところが、先日近くのホームセンターに足を踏み入れたら、ビット差替え式の「12in1マイクロ精密ドライバー」が並んでいた。6本12種類のビット(両頭ビットだ)が付いて1274円と比較的お手軽価格。悩むことなく購入した。グリップ内部が2重構造になっていて、インナーの赤い円頭部をアウターの穴から回せる構造だ。ハンドルエンド部に小さな穴があり、その穴とビッドの位置が合えば、両頭ビッドがストンとこぼれ落ちる仕掛け。
  さっそく使ってみると、悪くないフィーリングである。
  軸自体をテレスコピック機能を付け、最短135㎜、最長200㎜(従来品は約100㎜)、もちろん途中の長さでもOKという付加価値を付けている。そのため、軸とグリップ部のガタが気になるところだが、それほど気にならないレベルだ。計6個のビットをおさめた重量は、39gとこれも、通常のタイプにくらべちょうど3倍の重さである。従来品とは劇的に使用感覚は異なるものの、普通のドライバーのフィールに近づいたと思えば、いいのかも。
  この差し替えタイプ、なによりも美点なのは、12in1である。1本で12種類の先端部!プラスが0番、00番、000番、マイナスが1.5,2.0,2.5の各3種類、それにトルクスT4、T6,T7,T8、T10、T15の6種類と豊富なことだ。発売元は、兵庫県三木市の「(株)イチネン ミツモト」(℡0794-84-1620)。台湾製だ。

2018年11 月 1日 (木曜日)

ユニバーサルジョイントのダブルで「ダブルジョイント」!

KO-KENダブルジョイント  「工具」という製品は、それだけ見ると“謎の物体”に見えるときがある。
  ソケットツールの老舗メーカーKO-KENの「ダブルジョイント」も、遠くから見ると「光り輝く芋虫!」に見えなくはない。
  製品名の「ダブルジョイント」もなんだか真新しい。でも、よくみると、わかる! ソケットツールはそもそも単独では使うことはなく、つなぎ合わせて初めて他の工具にはないパフォーマンスを発揮する。ラチェットハンドルなど、まさにそれだ。≪奥まったところにあるボルト、それも少しまっすぐに見えるところではなく、横にずれているボルトやナット≫を脱着するとき、便利なのがユニバーサルジョイントだ。エクステンションバーとソケットのあいだに付けて使う。
  ところが、普通のユニバーサルジョイントだと、曲がり具合が不足して目的にボルトの頭に行きつかないときがある。曲がり角度がだいたい25度しかないからだ。
  そこで、ユニバーサルジョイントを2個付け(関節が2つ!)、曲がり具合をより深くすることで、ようやくアクセスできた! そんなシチュエーションもある。そこで、いっそのことダブルのユニバーサルジョイントがあってもいい! そんなコンセプトで製品化したというのが、「ダブルジョイント」。写真は差し込み角1/4(価格4100円)と3/8インチ(価格4580円)だが、1/2インチも登場しているようだ。カタログデータだと、通常の25度→50度になる。値段がそれなりだけあり、6面体のボールジョイントの関節はスムーズに動いてくれる。

»

▲ページの先頭に戻る

Copyright © 2006-2010 showa-metal .co.,Ltd All Rights Reserved.